会社設立の流れ(会社法)
行政書士中村岳司行政法務事務所
1:会社の概要を決める
2:定款作成
3:定款認証
4:資本金の払い込み
6:設立登記申請書類の作成
7:会社設立登記申請
8:会社設立完了
設立するのに最低の事項を決めておく必要があります、次に大まかな必要事項を書いておきます。
会社名(商号)
発起人
事業目的
本店所在地
事業年度
取締役(設立時)
取締役会を設置するか否か
株式譲渡制限規定を設けるか否か
5:印鑑(届出印)の調製
発行可能株式総数
資本金の額
取締役員数の上限
監査役員数の上限(監査役を設ける場合)
取締役・監査役の任期
代表取締役
(詳しくは下記の項目をクリック)
定款ができましたら、お近くの公証役場に「定款認証」をしてもらいます。
認証代として、5万円が必要、印紙代4万円が(紙ベースの場合)必要です。その他謄本代として約2000円がかかります。
当事務所では、電子定款認証を行いますので上記の「印紙代4万円」は不要になります。
資本金を通帳に(発起人の通帳)振り込みます。コピーをとり登記申請時に添付します。
会社の代表印ともいわれる届出印です。
会社成立後に会社の印鑑証明書に証明される印鑑になります。
法務局に提出する申請書、OCR用紙(フロッピーディスクによる場合もあり)、印鑑証明書・就任承諾書等の添付書類を揃えます。
管轄の法務局に出向き申請書類・その他必要書類を提出します。
混み具合、補正等のあるなしによりますが、約10日ぐらいで登記が完了し、印鑑証明書・登記事項証明書が取れるようになります。
会社設立
トップページ
<サイトマップ>
株式会社概要
合同会社概要
myweb1039001.gif
合名会社・合資会社
の概要
会社設立時の定款
事業年度
会社設立時の印鑑
会社設立代行依頼
電話・027-266-8710
FAX・027-266-4791
メ ー ル
会社設立代行費用
発 起 人
商号(会社名)
本店所在地
資本金
事業目的
行政書士の業務
特定商取引に関する表示
会社設立のサポート
取締役
代表取締役
監査役
取締役会
株式譲渡制限
発行可能株式総数
姉妹サイト
車庫証明・名義変更web
Aceクーリングオフ代行
建設業許可申請
会社設立後の届出等
税務署への届出
都道府県税事務所・市町村役場への届出
会社設立後の銀行口座、融資、補助・助成金制度
行政書士
中村岳司行政法務事務所
定款には、絶対的必要事項・相対的必要事項等があり、慣れていない方が作成しますと、後々面倒になる場合があります。やはり専門家に依頼するのが、一番です。
東京
神奈川
埼玉
栃木
千葉
大阪
群馬
群馬
埼玉
栃木
茨城